うつ病の症状

うつ病では、主に以下のような症状が出るのが特徴です。


【うつの症状】

◇うつの症状-精神症状・感情面の症状
ゆううつ感、躁うつ気分、悲観的、不安感、いらいら感、劣等感、
取り越し苦労、後悔、愚痴っぽい、心配性、人に会いたくない、
罪悪感、自責感、自信喪失、自殺願望、何をしても楽しくない、
焦燥感

◇うつの症状-思考面の症状
思考力減退、集中力困難、記憶力の低下、判断力の低下、考えが
まとまらない、決断できない、妄想

◇うつの症状-意欲面の症状
意欲低下、おっくう、無気力、根気がない、興味・関心の低下・喪失、
家事や日常生活ができない、ひきこもり

◇うつの症状-身体症状
全身倦怠感(だるさ)、疲労性頭重、頭痛、肩こり、筋肉痛、眼精疲労、
睡眠障害(不眠)、早朝覚醒、ときに過眠、食欲不振(食欲低下)、
ときに過食、性欲減退(性欲の低下)、胸部圧迫感、呼吸困難感、
動悸、胸やけ、口渇、便秘めまい、耳鳴り、味覚異常、関節痛、
四肢痛、しびれ感、冷感、頻尿、咽喉部異常感、体重減少、胃部不快感、
悪心、嘔吐、胃部膨満感、腰痛、背部痛、生理不順

うつ病の症状-食欲の異常

うつ病の症状(3)

・食欲の減退または増加
一般にうつ病では食欲が低下してきます。一方、それとは逆に食欲が
亢進することもあり、甘い物など特定の食べ物ばかりほしくなる傾向があります。
食欲が減退した人は「何を食べても、美味しいと思わない」「食べなくては
いけないと思うから、口の中に無理に押し込んでいる」と訴えることがよくあります。
あまりに食欲がなくなって、1ヶ月に4〜5sも体重が減少してしまうこともあります。
この様に、食欲不振から体重減少、便通異常などが見られ、胃下垂・
慢性胃炎・自律神経失調症などへ移行し治療を受けていることもあります。

うつ病の症状-喜びの喪失

うつ病の症状(2)

・興味や喜びの喪失
うつ病になると、これまで楽しんできた趣味や活動にあまり興味を
感じられなくなった状態になります。

うつ病の時は、何をしても面白くなく、何かをしようという気持ちさえ
起きなくなります。
友達と会って話すのが好きだったのに、会っても面白くない、逆に
鬱陶しくなってきます。運動が好きだったのに熱中できず、テレビで
スポーツ番組やドラマを見てもつまらないといった状況です。
音楽を聴くのが好きだった人が、好きな音楽を聴いても全く感動しません。
性的な関心や欲求も著しく低下してきます。

この様に、うつ病患者は何をやっても面白くないので、自分の世界に
引きこもる傾向が強くなります。その変貌ぶりは、周囲の人から見れば、
異常にも見える程です。


うつ病の症状-うつ気分

うつ病の症状(1)

・うつ気分
「うつ病」の人は、気持ちが沈み込んで憂うつになっていることが多いです。
「憂うつだ」「悲しい」「何の希望もない」「落ち込んでいる」と
思い悩んでいるのです。
人によってはこの様な気持ちを表面に出さない方もいますが、今にも
泣き出しそうな印象や、憔悴しきった雰囲気から気づかれることがあります。

この様な症状は午前中にひどく、午後から夕方にかけて改善してくる
傾向があります。
このように憂うつな気分を感じている時は、身体の痛みや倦怠感等の
身体の不調が出現したり、イライラ感が強くなって怒りっぽくなったり
することがあり、それが性格の問題と間違われ、うつ気分が気づかれ
にくくなることがあるので注意が必要です。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。