躁うつ病

躁うつ病とは、その名の通り「躁状態」と「うつ状態」を繰り返す病気です。
「躁状態」と「うつ状態」の周期は、数週間から数ヶ月位が普通です。
躁状態は、エネルギーが過剰にあふれている状態です。元気いっぱいで、
活動的と自覚しています。躁状態いろいろなことに関心や興味を持ち、
頭の回転も速く、自信に満ち溢れています。口数は多く、声も
大きくなります。
このように本人は健康感にあふれているのですが、周囲から見ると
その行き過ぎた状況が異常にも見え、時には迷惑をこうむるケースも多くなります。
しかし、そこで本人に注意したりすると、それまでとはうってかわって激しく怒り出すことがよくあります。
うつ状態はこれとは反対にエネルギーが低下し、憂鬱になり、意欲もなくなります。うつ病と同じ状態です。


【躁うつ病は治療が必要?】

躁状態、うつ状態ともに、それまでの人格とは別人になったような
感じになりますが、ほぼ完治が可能です。もちろん後遺症も残りません。
放置しておいて自然に治るのですが、それまでの間に、躁状態なら
人に迷惑をかけたり、お金を使いすぎたり、無謀な計画を立てたり
実行したりということがありますので、やはり治療が必要になります。
うつ状態は本人が非常につらく、最悪では自殺につながりますので、
これもやはり自然に治るのを待つという訳にはいかないのが普通です。

【躁うつ病の再発】

躁うつ病は、最初の発症も再発も、原因が見当たらないことがよくあります。
または、大したことではないようなことが原因になることもあります。
また、楽しいはずのことがきっかけでうつ状態になったり、悲しいはずの
ことがきっかけで躁状態になることもあるのです。なので、躁状態も
うつ状態も、まわりの出来事とは直接関係なく起こるものだといえます。
このため、真の原因は個人の内側にあるという意味で、「内因性」と
呼ばれることもあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。