うつ病の症状-喜びの喪失

うつ病の症状(2)

・興味や喜びの喪失
うつ病になると、これまで楽しんできた趣味や活動にあまり興味を
感じられなくなった状態になります。

うつ病の時は、何をしても面白くなく、何かをしようという気持ちさえ
起きなくなります。
友達と会って話すのが好きだったのに、会っても面白くない、逆に
鬱陶しくなってきます。運動が好きだったのに熱中できず、テレビで
スポーツ番組やドラマを見てもつまらないといった状況です。
音楽を聴くのが好きだった人が、好きな音楽を聴いても全く感動しません。
性的な関心や欲求も著しく低下してきます。

この様に、うつ病患者は何をやっても面白くないので、自分の世界に
引きこもる傾向が強くなります。その変貌ぶりは、周囲の人から見れば、
異常にも見える程です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。