うつ病の症状-うつ気分

うつ病の症状(1)

・うつ気分
「うつ病」の人は、気持ちが沈み込んで憂うつになっていることが多いです。
「憂うつだ」「悲しい」「何の希望もない」「落ち込んでいる」と
思い悩んでいるのです。
人によってはこの様な気持ちを表面に出さない方もいますが、今にも
泣き出しそうな印象や、憔悴しきった雰囲気から気づかれることがあります。

この様な症状は午前中にひどく、午後から夕方にかけて改善してくる
傾向があります。
このように憂うつな気分を感じている時は、身体の痛みや倦怠感等の
身体の不調が出現したり、イライラ感が強くなって怒りっぽくなったり
することがあり、それが性格の問題と間違われ、うつ気分が気づかれ
にくくなることがあるので注意が必要です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。