うつ病とは

■うつ病とは

うつ病とは成人では10人に1人が一生に一度は何らかのうつ病の症状を経験すると
いわれているほど一般的な病気です。最近は男性のうつ病がクローズアップされて
いますが、従来は女性の方がうつ病は多く、4〜6人に女性がうつ病を経験すると
いわれています。

うつ病の原因は正確には分かっていません。
ただ、うつ病は心の症状だが、脳の病気でもあるということは解っています。
十分な休養と正しい治療によって80%は完治が可能な病気です。
残りの20%は、
一度は克服しても再発を繰り返したり、症状が慢性化するといわれています。
うつ病は一生治らない難病という印象を持っている人もいらっしゃいますが、
本来は治癒率が高い病気です。
完治するか慢性化するかは、多くの場合、治療に対する取り組みの正しさが鍵になります。
様々なストレスの症状がかかった場合に、一時的に抑うつ状態になることは誰にでも
経験のあることですが多くのの場合はしばらくすると抑うつ状態を克服し平常心に戻ります。
しかしこのストレスが一定以上の強さや期間を超えると、自然治癒力を超えてしまい、
うつ病の症状などを発病してしまいます。
うつ病になると理由も無く「絶望感」「不安」「倦怠感」などが延々と続きます。
うつ病は「心の風邪」と比喩されることがありますが、その辛さは風邪の症状の比ではありません。

ストレスに対する強さ(ストレス耐性)は個人によって異なります。
同じストレスを受けてもうつ病になりやすい人とそうでない人がいます。これには
性格が大きくかかわっています。性格は、遺伝的に持っている素質と、生育環境や
教育などに影響されて形成されると考えられています。

うつ病の症状

うつ病では、主に以下のような症状が出るのが特徴です。


【うつの症状】

◇うつの症状-精神症状・感情面の症状
ゆううつ感、躁うつ気分、悲観的、不安感、いらいら感、劣等感、
取り越し苦労、後悔、愚痴っぽい、心配性、人に会いたくない、
罪悪感、自責感、自信喪失、自殺願望、何をしても楽しくない、
焦燥感

◇うつの症状-思考面の症状
思考力減退、集中力困難、記憶力の低下、判断力の低下、考えが
まとまらない、決断できない、妄想

◇うつの症状-意欲面の症状
意欲低下、おっくう、無気力、根気がない、興味・関心の低下・喪失、
家事や日常生活ができない、ひきこもり

◇うつの症状-身体症状
全身倦怠感(だるさ)、疲労性頭重、頭痛、肩こり、筋肉痛、眼精疲労、
睡眠障害(不眠)、早朝覚醒、ときに過眠、食欲不振(食欲低下)、
ときに過食、性欲減退(性欲の低下)、胸部圧迫感、呼吸困難感、
動悸、胸やけ、口渇、便秘めまい、耳鳴り、味覚異常、関節痛、
四肢痛、しびれ感、冷感、頻尿、咽喉部異常感、体重減少、胃部不快感、
悪心、嘔吐、胃部膨満感、腰痛、背部痛、生理不順

うつ病の一般的な経過

うつ病は一般的に、以下の様な流れで進行します。

(1)体の倦怠感、疲労感に持続、気分が落ち着かない、といった心身の変調を感じる。
(2)食欲不振、楽しさが感じられない、不眠、追いつめられた気分になる、
焦り(焦慮)が出てくる、仕事や家事がうまくできない。
(3)自分自身への嫌気、自分を責める、体重の減少が顕著になる、朝起きるのがつらい、便秘傾向になる。
(4)色々調べたり、医師に相談しても原因がわからない、焦り(焦慮)が強くなる、
出勤できない、起きられない。
(5)何もかもうまくいかないのは、甘えているからだ、自分は怠け者、と自責の念が悪化。
(6)つらさや苦しさを感じるようになる、自責の念もますます強くなる、じっとしていられない、いたたまれないような強い焦慮が現れる。
(7)周囲の人に迷惑をかけている、自分などいなくなった方がいい、と感じ出す。
(8)こんなに苦しいなら、死んだ方がいい、他の人に迷惑をかけたくない、と考え出す。
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。